ホホバ屋さんのスタッフブログ

ホホバオイルの卸売屋さんで働いているハセ(♂)です!
「ホホバオイル」と言えば「ホホバ屋さん!」
ホホバオイルの専門店 ホホバ屋さん

「みんな違って、みんないい」のスタンスでありたい。

こんにちは。ホホバ屋さんの長谷川です。(・◇・)ゞ

こちら大阪では、数日前から梅雨入りをしました。
でもあまり降っていないような気もするんですが…
ただ、地域によってはものすごい豪雨もあるようなので、気を付けないといけないですね。

さて、今日は特にホホバオイルの使い方に関してのお話ではなく、日頃から私が抱いている違和感と言いますか、私たちの仕事の仕方に関しての心がけといいますか、そういったことを少しお話ししたいと思います。

おかげさまで、ホホバ屋さんも事業者さまだけを対象にしていた頃とは違って、多くの個人のお客さまにも利用されるようになりました。ありがとうございます。

個人のお客さまが増えてくると、今までとは違ったことも色々と起きてきて、私たちも今までの自分たちの経験と違ったことを体験するようになり、学ぶべきことも増えた気がします。

その中で、特に最初に驚いたのが、「個人のお客さまからの、未精製ホホバオイルの人気の高さ」でした。

あくまでも当店での統計にすぎないのですが、実は事業者さまだけとお取引をさせていただいていた頃は、圧倒的に「精製済」のホホバオイルの取引量が多かったのです。

ですが、これは当店のホームページも書いてあるとおり、個人のお客さまからのご注文は、圧倒的に「未精製ゴールデンホホバオイル」が多いのです。

もちろん、未精製のゴールデンホホバオイルは、上質な良い商品です。
なので、たくさん買っていただけるのはとても嬉しいです。

ですが、中には「精製済は良くないと聞いたから、未精製にする」というお客さまの声もあり、これには正直、少しかなしい気持ちを感じたりもしました。

なぜ「精製済が良くない」と言われるのか、違和感を抱いた私はインターネット上をよく見てみました。
するとたしかに、そういった情報を目にすることがありました。

もちろん、お客さまが率直に抱かれる感想に関しましては、それは純粋なものなので、真摯に受け止めるべきだと感じます。
ですが、私が残念に思ったのは、化粧品の販売者側の方々が、精製されている他社の製品を「良くない」と述べてしまうことです。

私たちは販売者として、できるかぎり「誠実」でありたいと思っています。

そしてその中で私が特に気を付けていること、たくさんあるのですが、一例を挙げると、
「良いことばかりを伝えない」
「誇大な表現を使わない」
「事実を伝える」

そして、
「あの商品は良くない、ということは言わない」
です。

もちろん私も販売者側の人間なので、「売らなければいけない」という気持ちもあります。(営業目標があったりすると、精神的にも追い込まれますし…笑)
ですが、自分のところの製品をアピールするために、他社さまの製品と比較して、それを述べることは、ちょっと気が引けてしまいます。単純ですが、自分が逆にされたらイヤなので…

なので、お電話やメールで「○○社の製品と比べてどうですか?」と聞かれても、正直に「他社さまの製品は、どのように作られているのかをすべて私が知っているわけでもございませんので、知らないことに対して無責任な発言はできません。」と、比較して優劣を付けるようなお話はしないようにしています。

私たちは、別の事業者さまが販売されているホホバオイルも、当然、良いものだと思っています。
「どちらが良いか悪いか」ではなく、「どちらが優れているか劣っているか」ではなく、「ただ違うだけ」だと思っています。

そしてもちろん、私たちの商品も「良いもの」だと思っています。
なので「精製済は良くない」と思われるのは、ちょっと悲しかったりします。
「良くないもの」は、お客さまにお渡ししませんので。絶対に。

私が仕事をするうえで、ひとつ、大事にしているものがあります。
それは「金子みすず」さんの詩で、学びました。

「みんな違って、みんないい」

これからも、ホホバ屋さんはこのスタンスを大事にしたいと思います。


「わたしと小鳥とすずと」

わたしが両手をひろげても、
お空はちっともとべないが、
とべる小鳥はわたしのように、
地面(じべた)をはやくは走れない。

わたしがからだをゆすっても、
きれいな音はでないけど、
あの鳴るすずはわたしのように
たくさんのうたは知らないよ。

すずと、小鳥と、それからわたし、
みんなちがって、みんないい。

あせも(汗疹)とホホバオイル

こんにちは。ホホバ屋さんの長谷川です。( ̄∇ ̄)/

今朝の天気予報。 「日中は真夏日になるでしょう」と!!(; ̄Д ̄)
いやいやいや、まだ5月ですよ。お天道様、まだそんなに張り切らなくても…(゚∇゚ ;)

っと、ふと「あ、そう言えば、暑くなってくると増えてくるお問い合わせがあったな!」と思い出しました。
全体からすると「まれな事例」ではあるのですが、それでも大事なことかなと思うので、記事にしておこうと思います。

では今回もまず、この記事のまとめを最初に書いておきます。
長文を読むのが面倒なときは、とりあえず「赤いデカ文字」の部分だけでも読んでおいてください。

非常にまれな事例ではあるのですが、ホホバオイルの使用中に湿疹・発疹の症状が現れる人がいらっしゃいます。 暑くなってきてからこの症状が見られた場合、また、特にお子さまである場合も、ホホバオイルによるアレルギー反応等ではなく、「あせも(汗疹)」である可能性があります。
当店のホホバオイルは医薬品ではございませんので、「塗布することによってあせもを治療する」という効果は認められておりません。 ですので、あせもの疑いのあるときはホホバオイルだけで治そうとせず、お医者さんに相談したりなど、適切な処置を行ってください。


(また、近年は「あせも(汗による湿疹)」ではなく「汗荒れ(汗による肌荒れ)」でお悩みの方も増えてきているようです。それに関しては別に記事にしましたので、あわせてご覧ください。 →「汗荒れ」対策にホホバオイルは使える?

この記事の続きは、ホホバ屋さんの「ホホバオイルの使い方」ページに掲載しています。
こちらをクリックして、続きをご覧くださいませ。

精製水とホホバオイルで「低刺激」の「しっかり保湿」

こんにちは!ホホバ屋さんの長谷川です。(。・ω・)ノ゙

なんだか急激に暑くなってきた感じがしますねー。
朝晩の温度差も激しくて、実は私はちょっと体調管理に失敗していたりする、今日このごろです。(´;ω;`)
寝るときや外出時の服装選びなど、私のように失敗しないよう、みなさんもお気をつけください。

っと、ではまず、いつもどおり「この記事のまとめ」を先に書いておきます。
お時間のないときは、とりあえず「赤字のデカ文字部分」だけ読んでおいてください。

アトピー性皮膚炎や、ひどい敏感肌・乾燥肌にお悩みの方、化粧水が使えない方や水道水すらキツイと感じる方は、お風呂あがりや洗顔後に、「精製水」を塗布して、そしてすぐにホホバオイルを塗ってみてください。

精製水はカルキ(塩素)やその他いわゆる「ケミカル」な成分が入っていないため、お肌にとっては「超低刺激」な水です。

お肌がものすごく敏感な方や「ケミカル」な成分に疑問を感じる方にとっては、この「精製水&ホホバオイル保湿法」は、「ノンケミカル保湿法」としてオススメな方法かもしれません。

ですが、ひとつ大事なことを書いておきます。

精製水だけをお肌に塗布しても(つまりホホバオイルを使わない場合)、保湿ができないどころか、逆に乾燥を招いてしまうこともあり得ます。なので、必ずホホバオイルと一緒に使うようにしてください。

この記事の続きは、ホホバ屋さんの「ホホバオイルの使い方」ページに掲載しています。
こちらをクリックして、続きをご覧くださいませ。

エコ割引を始めました!(遮光パウチ導入)

こんにちは!ホホバ屋さんの長谷川です。(・◇・)ゞ

今月から消費税がアップして、なんとなくちょっと財布が寂しい気がする今日このごろ。コーヒーやお茶は、自販機ではなく、確実にコンビニで買うようになりました(笑)
でもそのうち慣れてしまって、130円や160円が普通に感じる日が来るんでしょうけどね・・・^^;

ちなみに、自販機やコンビニに限らず、ホホバ屋さんでも4月から消費税分は値上げせざるを得ませんでした・・・
企業努力で増税分をなんとか値上げしないでやっているところもあるとは思うんですが、ホホバ屋さんは、一昨年末からの円安の影響で、原料の仕入れ価格が半端じゃなく値上がりしていまして・・・
すでに限界まで圧迫されて泣きそうな状態なので、お許しください・・・(´;ω;`)

ただ、「値上げをするだけじゃ芸がないなー」と思って、何か別の演出ができないものか、それは色々と考えて、水面下で動いていました。
(ちなみに、今も色々と画策しております。今後もお楽しみに。フフフ( ̄ー ̄) )


そこで先日、やっとひとつ、新しい割引サービスをスタートすることができました。
それが「エコ割引」です。続きを読む

花粉症と肌荒れとホホバオイル

こんにちは。ホホバ屋さんの長谷川です。(*´∇`*)

いつもどおり、まず最初にこの記事の結論を簡単に書いておきます。
全部読むのが面倒くさいときは、この一言だけ覚えておいてください(笑)

「ホホバオイルで花粉をガードしよう。(でもまずお肌を清潔にね)」

この記事の続きは、ホホバ屋さんの「ホホバオイルの使い方」ページに掲載しています。
こちらをクリックして、続きをご覧くださいませ。

記事検索
お客さまの声
  • ライブドアブログ